Loading

創業メンバー

「いつかは起業したい」という想いで

新卒では、代表の鈴木と田坂と同じ独立系SIerに入社しました。なんとなく学生の頃から、「いつかは起業したい」と思っていたんですね。だから、ブランド名だとか安定だとか、そういうのはあまり重要ではなかった。入った会社で何をするかが重要だと思っていました。だからこそ、とにかく色んな経験が積めそうな小規模の独立系SIerに入社しました。
会社の方針に疑問を持ち、退職したのは5年目の頃です。そこからは少し路頭に迷った時期でしたね。とにかく色んなことをしました。友人に誘われて長野の野菜を販売したり、システム会社の手伝いをやったり。でも、ふとこのままじゃダメだと思ったんです。
ちょうどその頃、1社目の後輩から「関さん、勿体無いですよ」と声をかけてもらったんです。関さんはフリーランスでやっていけますよ、って。それで思い切ってフリーランスエンジニアになりました。
2年間のブランクはあったものの、やはり今までの経験があったおかげで思ったより順調にいったと思います。

仲間と最高にうまいビールが飲みたい

そこで3年間フリーランスとしてシステム開発を行っていたんですが、2年目くらいの頃に、フリーランスの限界を感じ始めました。
システム開発自体はチームで進めて行くものの、フリーランスは結局個人プレーであると感じたんです。同じ組織の仲間であれば、利害関係なく一緒に喜べて、一緒に戦うこともできる。そういった意味でのチームプレーがしたかったんですね。幸い、社会人になってからも人には恵まれた環境で仕事をしていたのもあって、仲間たちとうまいビールが飲める、そんな働き方をしたいと思ったんです。その想いと、1社目での不満から、「働きやすい組織づくりをしたい」と、そう思う様になりました。

お客様の問題に目をそむけない

私がこれまでずっと仕事において意識してきたことは、「見て見ぬ振りはしない」ということです。
お客様は困っていることがあるからこそ発注しているはずです。だからそこに対する答えを提供するのは当たり前。でも、それ以外のことは見て見ぬ振りをする人が意外と多い。「お客様、きっとここ困ってるな、、、でもうちの範囲じゃないし、、、」って。でもそれだと、本当の意味で解決にはなっていないと思うんです。
「お客様、きっとここ困ってるな、、、じゃあこうしましょうか。」と、困っている人を助ける、という当たり前の感覚です。
責任範囲を超えてしまうかどうかはクリティカルなところですが、そこに気をつけながらやれば問題ないと思っています。

この先のビジョン

私自身、地方の観光地出身のため、近い将来は地方の小さな会社に寄り添ったシステム開発を行いたいと思っています。
東京だったらいくらでもやってくれる会社があるけれど、地方の旅館や商店、工場でリレーションのない方達は、誰にどう頼めばいいかわからない。そういった企業やお店を支援して行くことができたらいいと思いますね。その場合は、地方に支店を作ってもいいと思います。

不満は成長のチャンス

現状に不満がある人は、是非話をしてみたいと思いますね。

不満があるということは、きっと理想を持っている人だと思うんです。そうすれば、じゃあどの様に理想に近づいて行けばいいか、という思考ができて、前に進む糧になります。不満があればそれだけ成長するチャンスがあるということ。不満を原動力に、より働きやすい組織とするべく力を貸して欲しいと思います。


経歴

新潟県湯沢町 出身
2007年 日本工業大学卒業
2007年 某独立系SIer企業に新卒で入社
2012年 退職後、長野県野菜の販売などを行う
2014年 フリーランスエンジニアに転向
2018年 株式会社GMW設立

◀︎他の創業メンバーを見る

TOP
PAGE TOP
error: Content is protected !!